その他雑記

将来的にマスクはセクシャルジャンルになっていくのか

引きこもりすぎて筋肉量が減り、足を痛めた私は、最近は毎日散歩をするようになりました。
それで近所を歩いたりするのですが、よく道すがらマスクが落ちているのが目に入ります。白だけでなく、黒やピンクなどプリントもさまざまです。
それはまるでランジェリーが落ちているかのように見えてしまいます。

もし今年や来年あたりに新型コロナウイルスが去ったと発表されたとしても、マスクのエチケット習慣はしばらく続くのだろうと思います。
意味があろうがなかろうが、気持ちというものは皆が皆すぐに行動に現れる訳ではないからです。
もしこのコロナ禍が後に数年続くとしたら、マスクは完全に私たちの生活に溶け込んでしまい、必須アイテムとなってしまいます。

個人的に好んで観ているYoutubeチャンネルがあります。マスク生活の果てに唇がセクシャルなものという価値観になるイフの世界を現した動画がありました。マスク生活が当たり前になり、その最中に生まれた子どもたちは成長し、マスクをはずすことはいやらしいことという価値観になる。この動画の内容は決して笑える内容ではありません。
これと繋がり、道端に落ちているマスクが私にとってはレースの下着が落ちているように思えてならないのです。
もしかしたら、将来的に本当にそのような扱いになるのではと危惧してしまいます。

もしマスクがランジェリー化したら、性産業やエンタメの解釈などが大きく変化することになります。過去の作品たちは顔を晒しているだけで成人向け扱いになってしまうかもしれません。唇が見えるだけでセクシャル扱いです。
今見ると過剰に思えますが、社会がその気になればその価値観の形成は実現可能だと思えます。
なんでしょう、またひとつ足枷を作らされる感覚がいたします。

コロナ禍、いつまで続くのでしょうか。感染防止のためが第一ではありますが、ほとんどの人は大義名分で身につけています。
このマスク生活は想像よりもずっと長引きそうです。今後の社会の民俗がどう変わっていくのでしょうか。

マスクはしている側としては、表情を隠すことができて楽な面もあるのですが、見られることを気にしない分、顔が老けやすいと思います。
個人的に、マスク無しの方が表情が若く保ちやすいと感じます。
できれば早くに、顔を堂々と晒して生活したいものです。